スポンサーリンク
アートフラワー

キンモクセイ 金木犀 布花のコサージュ 作り方

秋になると、どことなく漂ってくる甘い香り。ふと見上げると大きな木にオレンジ色の小さな花がびっしりと咲いていました。キンモクセイです。ああ、もうそんな時期になったのだと、季節の移ろいを感じさせる香りです。 花が終わりに近づいた...
アートフラワー

布花 ヒマワリのコサージュの作り方

元気で明るく咲く夏の花の代表のようなヒマワリですが、今やウクライナの平和を願う象徴の花になりました。orionもウクライナへの医療支援に繋がるようにと、Crermaさんでヒマワリのコサージュの販売を始め、売上金の一部を2022年8月現在、...
アートフラワー

布花 笹の葉の作り方

梅雨の中休み、初夏の風を感じながら夜空を見上げると、七夕にまつわる織姫と彦星の物語を思い出します。七夕の頃はまだ雨の時期が多く、7月7日が雨で天の川が見られない年は織姫と彦星は1年に一回しか会えないのに会えなくて可哀そう、と子供心に思って...
アートフラワー

布花 花菖蒲の作り方

5月5日はこどもの日。こどもの日は、男の子のお祝いに、鯉のぼりをあげて五月人形を飾り、柏餅やちまきを食べてお祝いをします。また、無病息災を祈って菖蒲湯に入るのも昔からのならわしです。そして季節の花、花菖蒲(ハナショウブ)も飾ると良いとされ...
アートフラワー

布花 桃と菜の花の作り方 桃の節句のお飾り

3月3日はひな祭り、「桃の節句」とも呼ばれ、すこやかで優しい女性に育つように願いを込めてひな人形を飾り、女の子の成長を祈る行事です。またひな祭りは、「桃の節句」と呼ばれますが、その理由は旧暦の3月3日の頃に桃の花が咲くことや、桃には魔除け...
アートフラワー

節分のお飾り 布花ヒイラギとセンリョウのアレンジ

節分といえば豆まきや、最近はその年の恵方を向いて食べる恵方巻を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。節分には書いて字のごとく「季節を分ける」という意味があります。昔は「季節の変わり目には邪気が入りやすい」と考えられ、年の変わり目でもあ...
アートフラワー

布花 トウガラシの作り方

トウガラシといえば、辛い香辛料の代表のような植物ですが、カラフルな観賞用のトウガラシもあり、食べてよし、飾ってよしの植物です。また、「とうがらしは魔を払う」という言い伝えがあることから、玄関や窓口に飾っておくと家を守ってくれると言われてい...
アートフラワー

布花 バラとヒイラギのシックなリース

バラのリースのオーダーを頂きました。色はお任せということでしたので、お飾りする場所を確認して決めました。飾る場所は、とある会社の応接室ということでしたので、落ち着いた色で染めてみたいと思います。メインのバラは紫に少しの赤を混ぜたレッドバイ...
アートフラワー

布花 コスモスの作り方

秋に桜のようなピンクの花を咲かせることで名づけられた秋桜(コスモス)。秋風に揺られながら可憐に咲くコスモスは、見ているだけで癒されます。コスモスの語源は、ギリシャ語の秩序、美しい、調和などを意味する「kosmos」に由来します。美しく花び...
アートフラワー

布花 ススキの作り方

ススキといえば、中秋の名月(十五夜)の飾りをイメージするように、秋を代表する植物のひとつです。古くから中秋の名月に秋の収穫の感謝を込めて、芋や豆などの収穫物とともにススキをお供えする風習がありました。(ススキはまだ穂が実らない稲穂の代わり...
スポンサーリンク